BLOG スタッフ日記

2017.09.25 (Mon)

こんにちは B1スタッフFです。

今回も、インダストリアル感たっぷり
重工なメタルファイリングキャビネットのご紹介です。

IMG_2326.JPG

見た目だけもインパクト大なので
ディスプレイとしてもお使いいただけますが、
16段もの棚があり普段使いにも便利です。

IMG_2327.JPG

棚の中は緑のフェルトが敷かれています。
外観との相性はいい感じです。

IMG_2330.JPG

経年による錆がございますが使用上問題はございません。
表面の風合いに、より一層の味わいを与えています。

IMG_2333.JPG

そのままファイリングキャビネットとしても十分お使いいただけますが
棚を何段かはずし、小物をディスプレイすることもできます。

工夫次第でいろいろな使い方ができると思います。
それを考えるのも楽しみのひとつです。

2017.09.24 (Sun)

みなさまこんにちは。
2階スタッフSです。

本日は、装飾がとても綺麗で繊細な
ウォルナット製デスクをご紹介致します。

IMG_3347.JPG
天板や脚の部分が曲線を描いていて、
全体的にかわいらしい印象を受けます。
逆に、直線の部分がほとんどありません。

IMG_3348.JPGIMG_3349.JPG
天板と引き出しに花の装飾が施されています。
この装飾はインレイ(象嵌細工)と言われており、
天板に使われている木とは別の木を埋め込んで細工をする技法です。
とても細かく、丁寧な仕事なくしては作れません。

IMG_3354.JPG
引き出しを開けたら革張りになっています。
象嵌の天板ではなく、こちらを使うことで、
象嵌天板を傷めず、長くご使用頂けます。
使っているうちに革が痛んできたら、張替えも可能です。
IMG_3353.JPG
革張りの部分はスライドするようになっており、
中にものなどを収納できるようになっています。
スライドもとてもスムーズです。

IMG_3350.JPGIMG_3375.JPG
脚の先と付根には、それぞれ真鍮の飾りが付いています。
付根の方は顔のデザインになっています。

二段になっている天板の淵にも、真鍮の装飾があります。
この様な装飾があるだけで、かわいらしさの中にも
上品さがプラスされますね。

IMG_3347.JPGのサムネイル画像
幅が695mmで一人で使うのに丁度いい大きさです。
引き出しもたくさんあるので、
ドレッサーやアクセサリー置きにするのもいいかもしれません。

オークやマホガニー材だと色味が濃く、重くなりがちですが、
このデスクはウォルナット材で、木目の色の違いがよく分かり、
経年により色も変化していくので、その辺りも楽しんで頂けるかと思います。

画像だけでは伝わらない、職人さんの細やかな
技術をぜひ、店頭でご覧になってください。

2017.09.20 (Wed)

こんにちは!
別館スタッフSです。

本日は別館雑貨フロアより
つい目を奪われてしまう
貴重な、素敵な、アンティーク雑貨をご紹介致します。

ご覧ください。
こちら、
ブ13.JPG
デザイン性を抜群に持ち合わせてしまっている
リキュールボトルです!

調べてみたところ、変形ボトルを多く取り扱う
リキュール醸造会社、ボルス社の物でした。
オランダ、アムステルダムにある会社です。
ブ14.JPG



中には脚がユラユラと動くバレリーナがいます。
ブ9.JPG
このバレリーナのお顔がなんともイイ表情していて面白いです。

個人的には、金粉が入ったリキュールの
このドロッドロ感に魅かれました。
ブ10.JPG
光に近づけると更に綺麗。ずっと見てしまいます。

本来はオルゴールになっていて裏のネジを回すと
バレリーナが動く様なのですが、
残念ながら今は作動しません!
ですが、かなり存在感があり、
ディスプレイとして使用するにはもってこい!です。

バー等の飲食店、勿論ご自宅のインテリアとしても
雰囲気を出してくれる事間違い無いでしょう。

ただ今別館では、ショーケースの中のディスプレイに!
ブ12.JPG

是非この子をちらっと覗きにいらしてください。

本日も三宿にてお待ち致しております。

ACCESS

電車
東急田園都市線「三軒茶屋駅」「池尻大橋駅」より
徒歩15分。
バス
「渋谷駅南口」より31〜34系統
「下馬一丁目循環」「野沢龍雲寺循環」行き
「三宿バス停」下車。
お車
ルート246三宿交差点から、世田谷公園方面すぐ左手。
三宿通り沿い。

〒154-0001
東京都世田谷区池尻2-7-8

2-7-8 Ikejiri, Setagaya-ku, Tokyo Japan
zip 154-0001

  • Tel
    03-5430-3662
  • Open [Shop, Cafe]
    11:00〜19:30
  • Fax
    03-5430-3551
  • Last Order [Cafe]
    19:00 (Food & Drink)
CLOSE